高速回転するローターによる「たたき洗い」「遠心効果」で、強力洗浄。

高速回転するローターにより、「たたき洗い」「遠心効果」があり、強力洗浄が実現。 遠心効果により洗浄脱水が可能に。(処理後含水率約20%、材料により変動はします) 外周スクリーンが低速で自転。付設されているブラシにより、自動的に目詰まりを掃除。 ローター先端はブレードをボルト止めになっている為、クリアランス調整・交換が容易です。

動画

「軟質プラ用洗浄脱水機 プラウォッシャー」の特長

高速回転モーターが可能にする強力洗浄。

遠心効果で汚れも水分も除去。

スクリーン自動回転で洗浄効率大幅アップ。

「プラウォッシャー」の画期的な効果

Effective

高品質リサイクルの大敵「繊維質」の大幅除去

容リその他プラの中に含まれる紙類、PET樹脂などが、処理工程を経る中で、 悪しきがん細胞のごとく生成されてしまう「細かい糸くず状の物体」です。

塩素成分の除去及び比率軽減

廃プラに付着したしつこい汚れ、いわゆる加工食品に含まれる「塩分」を、摩擦洗浄及び遠心力により剥離・分離します。

容リその他プラ独特の臭い軽減

ユーザー様の評価として、「焼いてからの臭いの違いがわかる」との表現で評価を頂いたケースもあります。つまり、ペレットに生成した時の容リプラ独特のにおいが軽減されている、とのことです。

事例:パルパー粕に残存する紙繊維の回収

Example

紙繊維回収効率アップで損失削減

製紙工程において、発生するパルパー粕(雑多廃プラ)は、一般的に焼却など廃棄処分されています。パルパー粕は、紙繊維を回収した残渣ですが、まだまだ貴重な紙繊維が付着された状態です。多量処理される業者様におかれましては、損失分は少なくないと考えます。

当社にて、調査、実験を重ねた結果、遠心洗浄分離機「プラウォッシャー」で処理することにより、乾きかけたタオルをさらに絞るように、捨てられようとしていた貴重な紙繊維が回収可能となります。

「プラウォッシャー」は、紙繊維の回収において、さらなる効率化と損失削減に貢献します。

製品一覧

  • 型式WDS-1205型
    ローター回転数1500rpm
    スクリーン回転数5rpm
    スクリーンメッシュΦ3mm
    主モーター30kw
    スクリーン用モーター0.75kw
    自動掃除機構スクリーン清掃用ブラシ付
    外形寸法W1220×L3032×H2100
  • 型式WDS-1208型
    ローター回転数1500rpm
    スクリーン回転数5rpm
    スクリーンメッシュΦ3mm
    主モーター75kw
    スクリーン用モーター0.75kw
    自動掃除機構スクリーン清掃用ブラシ付
    外形寸法W1520×L3534×H2526
  • 型式WDS-1510型
    ローター回転数1500rpm
    スクリーン回転数5rpm
    スクリーンメッシュΦ3mm
    主モーター90kw
    スクリーン用モーター0.75kw
    自動掃除機構スクリーン清掃用ブラシ付
    外形寸法W2925×L3906×H2756

処理サンプル

Processing sample

容リその他プラ

廃農ポリ

紙テープ付きプラ