諸条件やコスト面を含め、トータル的にご提案

廃棄プラスチックを水洗浄した場合に発生する排水を、各都道府県条例に則り、pH(水素イオン濃度)・SS(浮遊物質量)・BOD(生物化学的酸素要求量)・COD(化学的酸素要求量)等を適正に処理します。

河川放流や下水放流といった放流条件や、洗浄水としての循環再利用等、諸条件やコスト面を含め、トータル的にご提案させていただきます。

※実績として、PETボトル処理の場合、排水中のSS成分を除去し、使用水の半分を循環し洗浄水として再利用が可能です。